ゴキブリの卵を見つけたら?Gを徹底駆除するためにやるべき事

目安時間:約 17 分
オスメス

ゴキブリはを産んで繁殖していきます

Gをやっつける為に、まず 敵を知ることから始めましょう

 

 

ゴキブリの卵は強い

  • オスメスはあるの?
  • Gの一生って何年?
  • Gを駆除するためには何が効果的なのか?

そしてを見つけたら成虫にならないうちに退治

 

オスメスはあるの?

 

オスメス

 

びっくりですが、ゴキブリにもオスメスがあるのですヽ(´Д`;)ノ

どうして見分けるのでしょう?
オスは、お尻の先端の尾毛と呼ばれる器官の間に「尾突起」と呼ばれる部分があります
また体つきはやや細めという特徴があります

 

メスにはこの尾突起がなく、代わりに産卵管を持っています
また、産卵をするためにオスよりもおなかが大きく膨らんでいるという特徴が有ります

 

卵を産むのはメス

卵を産むのはメスよね

Gのメスは最初の交尾の時に精子を体内に溜め込み持ちます

体に精子を溜め込んでいるので、2回目以降はわざわざ交尾をしなくても何度でもメスだけで受精させる事が出来るのです

 

Gのメスがオスを必要とするのは、最初だけという訳です
結果、Gのメスは多産ということになります

 

メスが一生に産む卵の数

ゴキブリの卵

Gのメスが一生に産む卵の数は・・・

一生に産む卵の数は、Gの種類により若干違います

 

  • 黒ゴキブリなら1匹で約560個
  • チャバネゴキブリなら1匹で約280個

ゴキブリの産卵の周期は1~2週間ほどのペースで一度に30個近くの卵を産み落とします

 

産卵できるメスが1匹いるだけで、平均、1週間で30個、ひと月で120個のゴキブリが生まれるわけです

 

1匹のゴキブリが一生に産む回数は?
  • 黒ゴキブリなら15~20回
  • チャバネゴキブリなら3~7回

Gのメスは精子を蓄えておき、何度も出産するので、こんなにゴキブリが多く増えるのですね

 

Gの一生

ゴキブリの一生

Gといってもいろんな種類が有ります
ウィキペディア(Wikipedia)の資料によると、日本では南日本を中心に50種余りのGが認められています

 

その中でも日本の一般家庭でよく見かけるのが、黒ゴキブリチャバネゴキブリですね

 

黒ゴキブリ

 

卵鞘を付けたクロゴキブリwikipediaより

卵鞘を付けたクロゴキブリ↑(wikipediaより)

 

黒ゴキブリは真っ黒艶が有り見るからにグロテスクです
しかも大きい、3~4cmも有ります(´ºωº`)

 

家の中ではよく出没してきます

 

黒ゴキブリの特徴

成虫の体長 3~4cm
黒褐色で脂ぎった光沢有り
寿命 卵から約2年
卵から成虫になるまで 約1年
成虫になってから 6ヶ月~1年程生きる
1卵鞘(卵の入った鞘)中の卵数 22~28個
一生の産卵回数 15~20回卵鞘を産卵

 

 

チャバネゴキブリ

チャバネゴキブリwikipediaより

チャバネゴキブリ↑(wikipediaより)

 

チャバネゴキブリは1.5cm前後とゴキブリの中では一番小さい
黄褐色で前胸背板には()型の黒班が有ります(2本の黒色の縦線

 

クロゴキブリのような大形種に比べて発育期間が短く、約3ヶ月で成虫になる

 

本来、低温下では繁殖できないが、暖房設備の普及により日本でも分布を拡大
ビル、地下街、飲食店などに多く見られるゴキブリです

 

チャバネゴキブリの特徴

成虫の体長 1.1~1.5cm
黄褐色(前胸背板には2本の黒い縦線有り)
寿命 卵から約5ヶ月~9ヶ月
卵から成虫になるまで 2~3か月
成虫になってから 約3カ月~6ヶ月生きる
1卵鞘(卵の入った鞘)中の卵数 30~40個
一生の産卵回数 3~7回卵鞘を産卵

 

メスの成虫は卵鞘幼虫が孵化するまで持ち歩く
薬剤に対して抵抗性を持つものも出てきています

 

ゴキブリの一般的な特徴

どんな種類のゴキブリでも共通して持っている特徴とは?
  • 集団で生活する
  • 夜行性
  • 暗い場所を好む
  • 暖かい方を好む
  • 狭い場所に潜む
  • ジメジメした湿気の多い場所が好き
  • 壁に沿って走る
  • 雑食(食べかす、本の表紙、フンなど何でも食べる)
  • 繁殖力が非常に高い

ゴキブリはなんでも食べる為、生命力が強い
また、大量の卵を産むので、繁殖力が半端ないです

 

なにかの対策をしないと、どんどん増えていく訳です

 

ゴキブリは衛生害虫

ゴキブリ

Gは、人に被害を与える衛生害虫です

 

食中毒菌や伝染病菌を媒介するんで困りものです
見た人のほとんどがイャ~な気分になるのもGの欠点ですね

 

ゴキブリの害
  • 病原菌を持ち運びバラまく(サルモネラ菌、赤痢菌、小児麻痺ウィルス)
  • Gのフンや死骸がアレルギーの元になる
  • 見た目が悪い、黒光りがして気持ち悪い、不潔さを感じる
  • 食品を食べ、壁や書籍を汚す

 

ゴキブリを予防する

三角コーナー-

家の中にゴキブリがいたとしても目に触れたくはないです

退治方法は後で記述するとして、まずは目に触れないように、Gの出没を予防しましょう

 

予防の為に心がける事

  • 生ゴミはその日のうちに処分する
    (1晩中、台所の三角コーナーに生ゴミがあるとGの格好の餌になります)
  • コンロや流し、三角コーナーの食べ物のカスはきれいになくしておく
    (ガスコンロなどには食べ物カスが付きやすいです、きれいに掃除をしておきましょう)
  • カラのダンボール箱などGの住処になるようなものは処分しておく
  • 「ゴキブリホイホイ」などを台所や収納庫や冷蔵庫と壁の隙間などに仕掛けておく

 

ゴキブリは、数匹でもメスが生き残っていると、しばらくすればまた爆発的に増えてしまう
徹底的な予防駆除が必要です

 

もし卵を見つけたら

 

もし家の中でGのを見つけたら、孵化(ふか)する前に処分しましょう

卵を産み付けやすい場所は?

暖かい暗い狭いの3条件が揃っているところにGは卵を産み付けます

例えば、台所の戸棚の奥、冷蔵庫の裏、ダンボール箱などです

 

Gの卵は、硬い殻で覆われているので、見た目、小豆のような感じです
大きさ約1cm×5mmで黒褐色

 

Gの卵鞘は硬い殻で覆われていますが中には平均24個の卵がつまっています

しかし、卵は鞘で保護されているので、殺虫剤の効果が期待できません

 

Gの卵鞘を見つけた時は、ゴム手袋をして、ビニール袋に入れて焼却ゴミとして捨てましょう

卵があった場所は、不潔なのでアルコールスプレーで除菌しておいてください

 

もしローチサインを見つけたら

 

ローチサインとは、Gの排泄物が付着した茶色いシミの事
ローチサインのそばにはGのフンも落ちているかもしれません

 

ローチサインはGの住処の程近く通り道で見つける場合が多いです

フンにはフェロモンが含まれている為、放っておくとGが集まって来てしまう

もし見つけたら掃除をして、その後はアルコール消毒をしておく必要が有ります

 

ゴキブリ退治には「ゴキちゃんストップ」

 

画像クリックで「ゴキちゃんストップ」公式販売店へジャンプ↓


ゴキブリってしぶとく生命力が半端ないですよね
おまけに市販のゴキブリ退治の誘引剤にも抵抗力をつけて簡単には死滅しません

 

ここではゴキブリ駆除剤でも、医薬部外品に認定されていて効果が確かな「ゴキちゃんストップ」をご紹介

 

今までいろいろ試したけど・・・ダメだった方におすすめです
プロが使っているゴキブリ駆除剤なので効果は本物です

 

「ゴキちゃんストップ」とは

ゴキちゃんストップ

 

駆除業者のプロが使っている本物の商品なので、効果は確かです

 

ゴキブリ駆除にはとっても効果がある「ゴキちゃんストップ」ですが・・・

 

赤ちゃんやペットは何でも口に入れて食べようとしてしまいます
なのでおすすめするご家庭は、赤ちゃんや幼児、ペットがおられないご家庭です

 

そのくらい効果が期待出来る、本格的な、置くだけの固形のゴキブリ駆除薬になります

 

「ゴキちゃんストップ」の退治方法

ゴキブリは生ゴミが大好き

 

「ゴキちゃんストップ」のゴキブリ退治方法

 

  • 固形の「ゴキちゃんストップ」を部屋の隅に置く
  • 「ゴキちゃんストップ」に誘引されゴキブリが食べによってくる
  • 食べたゴキブリが巣に持ち帰り、他のゴキブリに連鎖
  • 「ゴキちゃんストップ」の影響でゴキブリは水を求めて下水に行く
  • 干からびてゴキブリが死ぬ(ほとんどは家の外に出ていき死ぬ)
  • 幼虫のゴキブリも成虫のゴキブリのフンを通じて連鎖する
  • 結果、ゴキブリは全滅する

 

「ゴキちゃんストップ」のすごい所は、ほとんどのゴキブリが勝手に家の外に出ていき死ぬところです
なのでゴキブリの死骸を始末するのは最小限で済みます

 

価格

価格

 

ゴキちゃんストップの価格表です

 

枚数 価格(税込)
1パック(12枚) 1,980円
3袋セット(12枚×3袋) 5,610円
1パック(36枚入り) 5,500円

          

3袋セット(12枚×3袋)5,610円は、3袋の小分けになっているので使い勝手が良いです

1パック(36枚入り)5,500円は、広範囲を一気にゴキブリ退治をしたい方におすすめ

 

「ゴキちゃんストップ」の詳細については下記の記事もご参考に↓

 

まとめ

駆除業者のプロが使っている本物のゴキブリ退治↓


今や、ゴキブリの発生は1年中

ゴキブリもダニと同じで高温多湿で暗いところを好みます

 

1匹のゴキブリがいたら、その後ろには100匹のゴキブリが存在していると言われています

気持ち悪いゴキブリは、退治して予防して快適な毎日を送って頂きたいと思います

 

 

並行して布団に潜むダニにもご注意!
季節の変わり目は布団を入れ替え、使わなくなった寝具は片付けておきますね

布団の収納の際にはダニ捕りシートも忘れずに↓

カテゴリ:ゴキブリ退治 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
よく読まれてる記事
最近のコメント
    おすすめのダニ対策お役立ちサイト

    安くてもしっかりした効果を持つダニ取りシート
    ・ダニピタ君
    (↑をクリックでダニピタ君のサイトにジャンプ)

    ゴキブリやダニなど、害虫退治にお悩みの方は
    害虫退治専門サイト(←クリックでジャンプ)をご覧下さい
    一般家庭で行える害虫退治方法を解説しています

    ページの先頭へ